Latest Posts

料金は適正か

2017.01.19
/ / /
Comments Closed

ノベルティ制作業者に名入れをしたノベルティグッズを依頼する場合、そのグッズの価格のみで制作依頼ができるわけではありません。中には、料金の中に組み込まれていることもありますが、業者によって変わりますのでしっかり確認しておきましょう。

名入れをする際のノベルティグッズの多くは、商品代のほかに版代(一式)と印刷代(注文数分)がかかります。予算内におさまれば問題ないと思っている人は多いかもしれませんが、前述通り、ノベルティ制作業者によって金額には違いがあります。したがって、一社だけに見積もりを依頼してそのまま発注をすることは少し避けたい方法です。

複数見積もりを行い料金を比較することで、ここは高い、ここは安いということが把握できます。可能であれば、できるだけ多くの業者に見積もりを依頼しましょう。見積もりをたくさん取ることで、思いがけない活用方法につながる場合もあります。

また、大量に発注する場合には、商品の単価を下げてくれるところもあります。そのため、交渉してみる価値は大いにあります。この場合も、他社の見積もりを活用することで価格が下がる可能性があります。少しでも価格を下げるためには、そういった企業努力も大切です。

短納期で対応可能か

2017.01.05
/ / /
Comments Closed

ノベルティ制作業者にノベルティグッズの名入れを依頼する場合、名入れのないノベルティを購入する場合より届くまでに日数を要します。レーザー印刷、刺繍、箔押しなど名入れの方法以外に、デザインの有無によっても納期は変わってきます。そのため、依頼するにあたっては、納期を必ず確認しましょう。

確認を怠ると、ノベルティを配布する日が決まっている場合、当日に間に合わない可能性があります。そうなると、ノベルティを制作する意味がなくなり、イベントなどが失敗してしまうことも考えられます。

特に、急きょ決まったイベントなどでノベルティを配布する場合、日数に余裕がないこともあります。そのため、短期間で制作してくれる業者を探す必要があります。そのためには、複数のノベルティ制作業者に問い合わせを行い、より短期間で仕上げてくれるところを候補にしましょう。

しかし、短期間でノベルティ制作業者に依頼する場合は、通常より料金が高くなってしまうこともあります。ですが、イベントなどで当日まで日数の余裕がなく、なんとしても間に合わせなければならない場合はより早く仕上げてくれるところを第一候補に挙げなければなりません。臨機応変に対応を変えていきましょう。

デザインの製作はどうする

2016.12.19
/ / /
Comments Closed

名入れでノベルティグッズを制作する場合には、まずはデザインを決めなければなりません。企業ロゴやシンボルマークなど、データがすでに自社である場合には、そのデータをデザイン制作会社に渡せば希望通りのものを制作してくれます。問題は、自社にデータがない場合です。

自社に名入れのデータがない場合、また現状あるデータとは違うデザインで名入れをしたい場合、自社にデザインできるスタッフがいれば自社で用意することも可能ですが、自社にデザインができるスタッフがいない場合はどうすればいいのでしょうか。幸いなことに、ノベルティ制作業者によっては、名入れのデザインを引き受けてくれるところもあります。

大体のイメージを伝えてデザインしてもらうわけですが、ノベルティ制作業者の数だけ仕上がるイメージは違います。さらに、各ノベルティ制作業者で、デザイン料が無料なところと有料なところがあります。

デザイン制作までノベルティ制作業者にお願いする場合には、複数社のデザイン料を比較し、ここだと思った業者に依頼しましょう。また、イメージどおりに名入れのデータを作成してくれるところが理想的です。そのためには、複数社で制作実績を見せてもらい、より好みに合ったところに依頼するようにしましょう。

ノベルティ制作業者に依頼

2016.12.05
/ / /
Comments Closed

ノベルティグッズはそのまま配布するのではなく、企業ロゴやシンボルマークなどを施して配布すると、より企業の名前が浸透する可能性があります。その名入れはどこに依頼するとできるのかは、ノベルティグッズの製作をはじめてする場合には疑問に感じるかもしれません。ノベルティグッズの名入れは、ノベルティ制作業者に依頼することで実現します。ノベルティ制作業者のWEBサイト上から製作を依頼することも出来るので、対面で依頼する手間もありません。

方法は、ノベルティ制作業者のWEBサイトを訪問し、名入れ可能なノベルティグッズを探して見積もりを取ります。その後、問題がなければ本依頼を行い、名入れ加工に必要なデザインを渡します。製作が完了すると納品の流れになります。ほとんどの業者が、ネットの大手ショッピングモールでの買い物と同様の流れで注文することができますので、容易に依頼できます。中には、サンプルを発送してくれるところもありますので、実際に目で見て確認することができます。

PICK UP<ノベルティ・名入れ販促グッズ・記念品の専門店 – ノベルティガレージ

名入れをする際には、シルク印刷、パッド印刷、レーザー印刷、転写印刷、箔押し、刺繍など、素材に応じてさまざまな方法で行ってくれます。それぞれ違いがありますので、しっかり確認してから依頼するようにしましょう。

当サイトは、ノベルティ制作業者に名入れ加工を施したノベルティグッズの製作をお願いするにあたり、どういうところに注目して業者を選べばいいのか紹介します。今後、ノベルティグッズの製作を業者に依頼しようと思っている場合は、優良な業者と取引をするための参考情報としてお役立てください。